2011年02月02日

フリーセア・ギガンティア

本日紹介するのはアナナスの仲間であるフリーセア・ギガンティアです。
種苗業者の資料によると、正式には

■フリーセア・シンプレックス・ギガンティア
Vriesea simplex gigantea

gigantia_4.jpg

だそうです。



ちなみに・・・
同じような名前でよく間違えやすいのが、同じフリーセアの仲間で

■フリーセア・ギガンティア・ノバ
Vriesea gigantea nova

nova.jpg

こちらは同じフリーセアでも花を楽しむたいぷじゃなくて、
葉っぱを楽しむタイプです。



ややこしいので、ここではシンプレックス・ギガンティアと呼ぶようにしましょう。

今、うちの温室ではこのシンプレックス・ギガンティアが満開です!!

gigantia_1.jpg

花は上の写真のように下垂してます。

で、うちではその花をまるで胡蝶蘭のように飾り付けます。

gigantia_2.jpg

写真は2本立ちです。
一本立ちだともっとわかりやすいかな。

simplex_gigantea.jpg



ちなみに、つぼみのようなものが開くと、どうなるか??
こんな感じです。

gigantia_3.jpg

おしべとめしべがニョキって出てきます。





ちなみに、このフリーセアの仲間では、
うちでは以下が代表的な栽培品種です。

■トラフアナナス(フリーセア・スプレンリエット)
Vriesea splenriet

torafu.jpg



■フリーセア・アストリッド
Vriesea astrid

astrid_2.jpg




posted by かわい園芸 at 02:10| Comment(2) | グズマニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家のフリーセア・ギガンティアの葉が、少しづつ茶色く変色してきて可哀そうな状態になりつつあります。
原因は何でしょうか?、普段家の中に置いているため、日光不足ですか?、それとも、水不足?、わかれば教えていただけると助かります。
Posted by たけもと at 2012年08月08日 07:00
たけもとさま

お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。コメントが入るとメールで連絡が来る仕組みになっているのですが、なぜかそのメールがこなくって・・・申し訳ありませんでした。

さて、葉っぱが茶色になってしまったとのことですが、どのあたりの葉っぱでしょうか?

下葉であれば、生育の段階でどうしても枯れてしまうので、枯れた状態の葉っぱをとってしまえば大丈夫です。
ただ、まだ若い葉っぱが茶色になってしまうとなると、日光不足が考えられますので、明るい部屋に置いていただければと思います。ただし、直射日光は厳禁です。葉焼けを起こしてしまいます。レースカーテン越しの明かりがちょうどいいです。

あと、水やりについても、水を与えすぎないように気をつけてください。常に土が湿った状態よりも、乾かし気味の方がよいです。土の表面が乾いてきたなと思ったら、与えるくらいで十分です。
Posted by かわい at 2012年10月12日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。